あなたの「伝えたい人」はどこにいる?

伝えたい人はどこにいる?
あなたの「伝えたい人」はどこにいる?

というお話を。

鳥取市で活動中!
POP・チラシ・DMで実店舗の集客・売上げアップをサポートする専門家
岡田弘太郎(おかだこうたろう)です。

最近、長女(中1)とあまり会話がありません。
お年頃というやつでしょうか?いやきっと家での学習時間があまりに少ないので、感情的に怒鳴ってしまったのが原因でしょう。

そんな彼女は「釣り」が大好きで、自分から「行こう」と言ってくるぐらいです。中学2年生になっても親父と一緒に行ってくれるのでしょうか?春になったら誘ってみよう。

スポンサーリンク

「伝えたい人」がはっきりときまっているなら・・

前回の記事であなたのサービス・メッセージを伝えたい人を明確にしよう!と書きました。
では今度は、そのメッセージをいかに効率よく「伝えたい人」に届けるかを考えなければなりません。

「魚釣り」したことある?

マーケティングはよく「釣り」に例えられます。(ちょっと不謹慎ですが)

対象魚(⇒伝えたい人)が決まったら・・・

その魚が好むエサ(⇒メッセージやオファー)を

適切な竿やリール・針などの道具(⇒メディア)を使って

魚が集まっていそうなそうなポイント(⇒住んでる地域や組織)に

活性が高い時間帯(⇒反応が良さそうな季節、時季)を選んで

投入すると、釣れる確率も高くなるという訳です。

鯵(アジ)を釣りたいのに・・・

娘との釣りで狙う魚は、大抵暖かい時季の「アジ」か「キス」です。この2つは当然ですがエサも仕掛けもまるで違います。ちょっと釣りをやったことがある方ならお判りになると思いますが、アジを釣りたいのに砂浜で青虫を投げ釣りする人はいません。

釣れる人は気が短い?

「短気な人が良く釣れる」という話を聞いたことがありませんか?どうしたらその日の魚の食いつきが良くなるか、浮き下の深さを変えてみたり、ルアーであれば色目を変えてみたり、投げ込むポイントを少しづつ変えてみたりと、試行錯誤を繰り返して魚を釣るための努力をします。

マーケティング”あなたが自分の商品・サービスを売ろうとする時”もまさにこれと同じことが言えるのです。

一度折り込みチラシを出してみて、「ほとんど反応がなかったから、それ以来やってない」というあなた。もしかしたら、鯵(アジ)をねらっているのに、鱚(キス)釣りの道具を使っていたのかもしれません。
これらの要素を一つずつ検証して、テストして、また検証してテストして、良い反応が得られる「あなただけの釣れる仕掛け、コツ」を構築しましょう。

今日あなたに伝えたいことはこんな感じです。最後まで読んで頂いてありがとうございました!

あなたのメッセージを伝えよう!  応援しています!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

実店舗売上げをアップするアイデア

実店舗売上げをアップするアイデア

cta1-640