簡単にできる「コピーを作るための」トレーニング

幽体離脱
簡単にできる「コピーを作るための」トレーニング

というお話を。

鳥取市で活動中!
POP・チラシ・DMで実店舗の集客・売上げアップをサポートする専門家
岡田弘太郎(おかだこうたろう)です。

朝晩の気温の変化が激しく、なんだか調子がイマイチですが・・・

スポンサーリンク

コピーが「パッ」と浮かぶ?ひらめく?

チラシやPOPを書くためにコピーを作る時
これまでに「ターゲットを絞る」とか、「ベネフィットを考える」とか書いてきましたが、今日は日々の中で簡単にできる練習方法をお伝えします。

普段の買い物のときに

日々の生活の中で・・・

・高額な買い物をした時に、最終的な「決め手」となった事
・スーパーに日用品を買いに行った時、買うつもりのなかったこれも買ってしまった
・飲食店でメニューを決めた時

あなたが「買い物」をした時に、どんな気持ちでそれを選んだのか?買う前と買った後でどんな感情の変化があったかを、ゆっくりと思い返してみて下さい

週末の折り込みチラシをみて

週末は新聞折り込みが多いので、チラシを無造作にというか、いつものスピードでめくって見る。そこで目に留まったチラシはどんなものだったか、色は?大きさは?キャッチコピーは?分析してみて下さい。

コツは「幽体離脱」?

買い物をした時、チラシをピックアップした時、その時の自分の感情ををちょっと離れたところから第3者的に見てみる。いわゆる”「幽体離脱」のように。そして感情の動きや買うことを決めた要素、チラシのコピーなどを何かに書き留めたりしておくと、より記憶にも残りやすいでしょう。

自分だけでなく、家族に取材してみるのもいいですね。

そうする事で、商品やサービスを目の前にした時にコピーがスッと出てくるトレーニングになります。
日々少しづつ練習です。思い出したらやってみて下さい。


あなたに伝えたいことはこんな感じです。最後まで読んで頂いてありがとうございました!

そしていよいよ始まりました新コーナー

今日のワンダーコア

本日のメニュー
クランチ10×3セット
ツイスト10×2セット

第1歩です!

あなたのメッセージを伝えよう!応援しています!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

実店舗売上げをアップするアイデア

実店舗売上げをアップするアイデア

cta1-640