WEBマーケティングの極意

%e9%bb%92%ef%bd%90%ef%bd%8f%ef%bd%90%e5%b0%8f%e5%ae%8c%e6%88%90

今日はとある方のブログから

鳥取市で活動中!
POP・チラシ・DMで実店舗の集客・売上げアップをサポートします!
岡田弘太郎(おかだこうたろう)です。

メルマガで届く「ザ・レスポンス」中谷佳正さんの記事から
WEBマーケティングの極意

スポンサーリンク

うまくいく人は心配りができる

僕自身がこの「心配り」に書けているなと思う所が多々あるもので・・。

ちょっとした挨拶一つにしても、きちんとお礼や返信をするということも・・・・


ちょっとずつ(いやかなりの場合もある)おろそかになっているなと


読みながら思い返していました。

返報性=見返りを期待している訳ではないけれど


記事中「返報性」という言葉が出てきます。

自分が丁寧にお礼を言われたり、丁重な扱いを受けた時に「ああ、この人とは長く付き合えそうだ」と思うのは自然な事ですので


「打算的」というよりも「人として気持ちよく」と考えたいです
 

この心配りというのが、実はマーケティングの極意ではないかなと。僕たち日本人がやっているものづくりというのは、正にこの心配りの結晶なんじゃないかな、、、お客さんのことを思って、製品の品質をより使いやすく極めていく。それは製品だけじゃなくてサービスにも表れていて、お客さんに対するおもてなしの心、そういう心配りについては、世界に通じる価値でもあると思います。

マーケテイングだけじゃなく・・・

販売の現場でも、「心配り」は基本中の基本ですよね。

であるならばPOPにもその心配りを書いて伝える事で、あなたが売り場にいない時の立派な分身(販売員)になってくれます。


個々の商品について書くこと以外にも

「心配り」を書いてみてもいいのでは?と思った次第です。

売れるPOPを書く方法も合わせてぜひ手にとって見てくださいね。

今日伝えたいことはこんな感じです。最後まで読んで頂いてありがとうございました!

あなたのメッセージを伝えよう!

今日の「ワンダーコア」~シックスパックへの道~

今日のエクササイズ

ゴムチューブでロープーリー10×3セット

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

実店舗売上げをアップするアイデア

実店舗売上げをアップするアイデア

cta1-640