お店の雰囲気をリアルに伝える「Googleストリートビュー・ルーム」~追記~仁風閣の中も見られます!

ストリートビュー

岐阜市の飲食店パノニカさん店内

先日の異業種交流会でお会いした澤田さんから、こんな話をお聞きしました。
「Googleストリートビューの屋内版ってご存知ですか?」

店内や室内をぐる~っと360℃見渡す事ができます。天井までも。
鳥取市で活動中!
POP・チラシ・DMで実店舗の集客・売上げアップをサポートします!
岡田弘太郎(おかだこうたろう)です。


それまで少し見たことはありましたが、どういう仕組みでどのようにすれば公開できるのかは知りませんでした。

スポンサーリンク

誰に頼めば撮影してもらえるのか?


専用の撮影技術と機材をお持ちで、クライアントさんを募集中です。

Googleストリートビュー 大知


彼に撮影してもらい、編集した後Googleに表示されます。

きっかけは経営者としての実感から

澤田さんがなぜこの事業を始められたのか・・・
すでに整体師として実績をお持ちなのですが、

ある時、新規のお客様が『ここのお店がすごく気になってたのですが、お店の中がどんな感じか分からないし、どんな先生に施術して頂くのかが分からなくて来店がしづらかった』と仰られました。
ここ数年、インターネットの普及により、ホームページ内で店内の状況の写真を載せている店舗が多くあります。私の整体の店ももちろんやっていますが、初めて来られる方にはまだまだそれだけでは足らないことが良く分かりました。
店内の状況をいかに早く・簡単に・リアルに伝えるか。
それが出来るのがVRだと思います。~大知さんHPより~

新規来店のハードルを下げるためのツール

主に女性がターゲットの店舗ビジネスになると思いますが、クチコミなど、文字の情報にプラスして店内の雰囲気がリアルに感じられると、新規来店のハードルを下げる効果があるようです。
あなたはどう感じますか?


お店全体の雰囲気が分かると、行ってみたくなる?


なんと仁風閣や鳥取県立博物館の内部も公開されている事を知りました。


施設を検索して、「Googleマイビジネス」(右側の小さい窓ね)の中の


画像の左下「矢印が丸まってる」マークがついている画像をクリックすると内部も見ることができます。


仁風閣の中、初めて見た。(笑)

澤田さんとコラボ


「このGoogleストリートビュー・ルームの魅力をもっとたくさんの方に知って欲しいので、岡田さん組みませんか?」
と言って下さいました。

ウェブサイトにバーチャルリアリティー(VR)を埋め込むのではなく、VRそのものをウェブサイトにする考え方も始まってます。
「バーチャルツアー型ホームページ」~TMKグラフィックス~


現状はコストがかかりそうだけど・・・


まずはこのサービスの魅力を伝えるチラシをつくるお手伝いをさせて頂くことになりました。


googleの検索で上位に表示されることも期待できるようですから・・・。

興味がある方は岡田までご連絡下さい。もう少し詳しい説明が出来ると思います。


実はチラシにも役立ちます・・・
売れるPOPを書く方法も合わせてぜひ手にとって見てくださいね。

今日はこんな感じです。最後まで読んで頂いてありがとうございました!

あなたのメッセージを伝えよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

実店舗売上げをアップするアイデア

実店舗売上げをアップするアイデア

cta1-640