定期的にチラシを続けるメリット

チラシを書き続ける
定期的にチラシを続けるメリット

というお話を。

鳥取市で活動中!
POP・チラシ・DMで実店舗の集客・売上げアップをサポートする専門家
岡田弘太郎(おかだこうたろう)です。


前回の記事に続いてチラシのお話です。

スポンサーリンク

あなたのチラシは読まれていない?

チラシを見て問い合わせの連絡をもらったり、あるいは実際に売上につながったりというものから、そこまでは行かなくても「見ました」などの声をかけて頂いたりするものまで反応は様々です。

例えばわかりやすく1,000枚折り込みチラシを行ったとして、同じ日に折り込まれた数あるチラシの中から、一体何人の方が「あなたのチラシ」を読んでくれたのでしょうか?

そして2%(20人)の人から反応があり(ありえないほど高い数字ですが)チラシを「読んだだけ」の人がその10倍の200人いたとしても、残りの800枚のチラシは読まれてすらいないという事になります。

ですから、仮に全く同じ内容のチラシを2回続けて折り込みに入れたとしても、それを「初めて見た」人は必ずいる訳です。

1回だけ折り込みチラシを行って「全然反応がなかった」とやめてしまうのはもったいないですよ。

モチベーションを維持するために

①「割引クーポン」や「ご来店プレゼント引換券」などを紙面に入れることをおススメします。これらが使われた数を集計する事でそのチラシがどの位反応があったかを判断します。

②「売り上げにつながった」「お客様に感謝された」「チラシの事で声をかけて頂いた」など、良い反応を励みにして、楽しみを見出していきましょう。

チラシを続けるメリット

これはチラシだけでなくブログやDMでお客様に情報発信していく場合にも言えることですが・・・
①良かったことはもちろん、ちょっとした失敗なども「ネタになる」と前向きにとらえられる。
②商品やサービスのアイデアを「お客様目線」で考えられるようになる。
③同じ商品やサービスでもアピールする方法を見直したり、商品そのものを改善して発信しようとする意識が強くなる

最初のチラシが100点なわけがない

あなたが初めて作るチラシは、恐らく「あなた史上最も出来の悪い」モノになるでしょう。でもそれでいいんです。
続けて書くうちに徐々に必ず「良いチラシ」になっていくはずです。

そのためにはやっぱり「続けること」が大切です。

今日あなたに伝えたいことはこんな感じです。最後まで読んで頂いてありがとうございました!

あなたのメッセージを伝えよう!応援しています!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

実店舗売上げをアップするアイデア

実店舗売上げをアップするアイデア

cta1-640