それ、POPに書けばいいのに。

0109579ee80659aaa8e64b77a8a9216c1d63328eeb1

先日、某食材メーカーさんの展示会に伺った時の事です。

鳥取市で活動中!
POP・チラシ・DMで実店舗の集客・売上げアップをサポートします!
岡田弘太郎(おかだこうたろう)です。

今までの担当氏は何となく「ウマが合う」感じだったのですが、この度配置替えとなられ親子ほど年の離れた新担当さんが相手をしてくれました。

スポンサーリンク

キチンと勉強してるようで好感持てました

新担当さんも個々の商品についてしっかり勉強されているらしく、こちらの質問に丁寧に答えてくれました。

中でも今回の一押しは「カツオのたたき」だそうで

原材料について「釣りあげてすぐ、死後硬直も始まらないうちに急速冷凍かけてるので歯ごたえと色の鮮やかさが違います」

だそうです。

熱心な商品説明のトークを聞いて思ったことは

「それ、POPに書いて置いとけばいいのに。」

でした。

以前紹介しましたが、他社の展示会では「店頭で使えるPOPを作って、要望があれば複製して差し上げます」をやっているところもあります。

境港で「売れるPOP」取材

店頭で売れて利益に貢献できなければ次の受注もない


一つのアイテムが定番として定着し利益が出る事が、双方にとって望ましいのは言うまでもありません。

商品の特徴がどのようにお客様の感情に訴えかけ、手にとってもらい、利用して喜んでもらえるかを紙に書いて置いておくだけでもバイヤーさんの目に留まる確率はあがるのではないかと・・・。

トライ&エラーでどんどん試してみればいいのに・・。


ついでに単価もきちんと商品ごとに書いて置いたら親切です。


と、最後にアンケートに書いたら


翌日その担当さんが顔を出してくれました。


「貴重なご意見ありがとうございました。」と。

彼とも「ウマが合う」となればいいのですが・・・。


今夜伝えたいことはこんな感じです。最後まで読んで頂いてありがとうございました!

あなたのメッセージを伝えよう!

今日の「ワンダーコア」~シックスパックへの道~

今日のエクササイズ

下半身のストレッチで寝ます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

実店舗売上げをアップするアイデア

実店舗売上げをアップするアイデア

cta1-640