見知らぬ自分と向き合う・・・②

現論

前回の投稿の続きです。


日本海新聞2016年10月16日の「現論」(為末大氏)より

スポンサーリンク

環境に適応

 

人間の動作や思考の仕方が属する集団に影響を受けるとよく言われる。例えば歩行の仕方は育った環境に影響される。
両親ともに日本人でも、アメリカで生まれ育てば上下動が大きいアメリカ人的な歩き方になる。

何を当たり前にしている集団かという事は、個々人の限界値に影響を与える。自分自身を変えようとするよりも、当たり前とする前提が違う集団に身を置いた方が案外、簡単に自分が変わっていく。

自分で思っているよりも、自分というのははっきりしておらず、環境やポジションでいくらでも変わっていく。成長する選手はいつも、少し高めの環境に身を置き、適応することで自らを成長させていく。


言語や考え方でだけでなく、「歩き方」まで影響を受けるんですね!

スポーツの世界でのこういった表現が一番わかりやすいですね~

 

スポーツ心理学ではコントロールできないものは考えず、コントロールできるものに意識を向けるという考え方をする。自分の知らない自分をコントロールできなくても、周辺の環境はコントロールできる。場所を変え、見方を変えパターンを変えることで、目指すものに近づくことができる。見知らぬ自分との付き合い方は、スポーツで学べることの一つだろう。

ビジネスでも・・・

この文章の”スポーツ”の所を”ビジネス”に置き換えても「違和感ないよな~」と感じます。


自分で事業を行っている方には、納得できる部分が多いのではないでしょうか。


販促はもちろん、マーケティング(ファンづくり)やビジネス全般においても高い意識を共有できる人たちと付き合うのはとても重要なんだなと改めて思いました。

何かを変えたいなら

最後に、これも前回ご紹介したリッチシェフレンのブログ記事のリンクを・・・(忘れていたもので・・)


ちくしょう!~リッチシェフレン~

少しづつかもしれないが、変えたい自分に近づく習慣作りを。

今日はこんな感じです。最後まで読んで頂いてありがとうございました!

あなたのメッセージを伝えよう!

今日の「ワンダーコア」~シックスパックへの道~

今日のエクササイズ

プッシュアップ10×3セット
レッグレイズ10×3セット    最近サボっていたので全然上がらなかった(汗

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

実店舗売上げをアップするアイデア

実店舗売上げをアップするアイデア

cta1-640