より魅力を伝える画像の撮り方

2アクアパッツァ

トップ画像は先日長男の進学祝いに僕が作ったものですが・・

現場で情報収集し最善の決断を

次の画像は同じ時に同じ料理を撮りました。

鳥取市で活動中!
POP・チラシ・DMで実店舗の集客・売上げアップをサポートします!
岡田弘太郎(おかだこうたろう)です。

スポンサーリンク

どちらが魅力的?

今回は画角や構図についてのお話ですので、色や明るさについては目をつぶってください(汗)

よく言われている事ですが、料理の全体を伝えたいので真上からの全景を撮ったいわゆる「日の丸」画像がトップのモノです。

それに対して鯛が収まらなくても良いので、鯛のボリューム感を伝えようと考えて取ったのがこちら
鯛のアクアパッツァ

全体を伝えようとするあまり・・・

僕としてはより鯛の大きさが伝わるのではないかと思い、下の画像を実際に以前の投稿に使いました。

トップの画像は全体を伝えようとして取りましたが、鯛が大きく見えないな~と感じたので撮り直したのです。

あなたはどう感じたでしょうか?

何回でも撮り直せるのだから

デジカメでもスマホでも、納得いくまで撮り直せるので、いろいろ試してみて下さい。

こちらの記事が分かりやすいので参考までに・・・

カメラ初心者が料理を美味しそうに撮るための6つの実践的テクニック

今日はこんな感じです。最後まで読んで頂いてありがとうございました!

あなたのメッセージを伝えよう!

今日の「ワンダーコア」~シックスパックへの道~

今日のエクササイズ

バランスボールでスパイダーマンプッシュアップ10×3セット

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

実店舗売上げをアップするアイデア

実店舗売上げをアップするアイデア

cta1-640