「長女が3才になりました!」⇒ 「知らんがな!」と突っ込みたくなるモノ15選

ファミマ
「長女が3才になりました!」⇒ 「知らんがな!」と突っ込みたくなるモノ15選

ニュースサイト:グノシーより

という記事をご紹介。

鳥取市で活動中!
POP・チラシ・DMで実店舗の集客・売上げアップをサポートする専門家
岡田弘太郎(おかだこうたろう)です。


トップの画像はファミリーマートの店頭です~
タイトルの通り「知らんがな!」と突っ込みたくなる黒板POPですが、専門家目線で考えるとオーナーさんが「地域のお客様とのコミュニケーションを取るためのツール」として使っているという所でしょうか?
同じ記事にこの画像も
モス

スポンサーリンク

本部のマニュアルを忠実に?

モスバーガーの他の店舗の黒板POPも同じようなものが2件紹介されていました。という事はこのツールを使うようにマニュアルに組み込まれているのではないかと思うのですが、その2件には名前もなく、毎日更新しようとするもののネタがなくて・・・という感じ。
少なくとも書いた人の名前をPOPに書いて、「スタッフの人柄を紹介する」という目的で使って欲しいものです。そして内容的には「お店で起こった嬉しい出来事」や「今日のレタスは一段と甘いです!」とか、お店や商品の話題に触れてあると良かったと思います。でもこれも毎日は大変なんだよね~。

おそらく売り上げに貢献しているPOP

コンソメ
つづいてはこれですが、このPOPはある程度「商品を手に取ってもらう」という目的を達成していると思います。だってPOPのある場所の商品が減っているでしょう、その上の箱の黄色い紙のPOPも働いてるね。隣の箱の同じ商品より減ってますから。

くるまえび
そしてこれも、思わず突っ込みたくなりますが、そこが書いた人のねらいなのではないかと思います。しっかりとペンキで書かれてあるので、長く効果があるという事ではないでしょうか。

SNSに投稿されるのが目的?

最近のトレンドは、お店や商品の名前に「思いやストーリーをそのまま使ってしまう」のだそうです。
「カレーは飲み物」「飾りじゃないのよカレーは」などは有名ですよね。

そしてこのようにSNSからWEBニュースに取り上げられて、テレビで紹介される・・・情報の流れのの上流にSNSがあると言えます。という事はそれを目的にしてPOPや黒板を書く人も今後どんどん出てくると言う事でしょうか?

やはり基本を忘れないで欲しい

「どんな目的で黒板を書き、店頭に置くのか」

という基本は、忘れずにいて欲しいものです。

今夜あなたに伝えたいことはこんな感じです。最後まで読んで頂いてありがとうございました!

あなたのメッセージを伝えよう!応援しています!

今日の「ワンダーコア」~シックスパックへの道~

ツイスト20×3セット

今日は軽めに・・・そろそろ下半身の事も考えなくては・・・。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

実店舗売上げをアップするアイデア

実店舗売上げをアップするアイデア

cta1-640