シンプルを知り、活かし、生み出す方法

シンプル
シンプルを知り、活かし、生み出す方法

というお話を。

鳥取市で活動中!
POP・チラシ・DMで実店舗の集客・売上げアップをサポートする専門家
岡田弘太郎(おかだこうたろう)です。

朝起きると、久々に一面真っ白でした

雪
10㎝、いや15㎝かな、気温も低かったので、車で走るのに一苦労。でも車道の雪は夕方にはすっかり消えていたのでよかったよかった。

スポンサーリンク

雪のように・・・

辞書で調べるとsimple=「簡単な」「やさしい」「純真な」と出ていますが、この記事ではいろんな角度からの視点があって勉強になりました
「シンプル」の心理学:シンプルを知り、活かし、生み出す方法
ちょっと長いですが、ぜひ読んでみて下さい。


特にここ、

 

1960年代から、心理学者たちは単純接触効果という心理現象を研究してきました。これは、ある特定の刺激に接した回数が多いほど、その刺激に対する好意が増すというものです。この効果は、広告業者がよく利用する概念のひとつです(映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の大がかりなプロダクトプレイスメント(劇中に実在の商品を登場させる手法)もその一例です)。というのも、前にもその刺激に接したという事実を意識的に思い出さなくても、この効果は発動されるからです。 

んん~納得。

シンプルに、繰り返し伝える

お店の方によく言うのですが、「もう何十回とPOPやチラシで使った言い回しで、書いてる本人はとっくに飽きちゃっているけれど、お客様にとってはそうでないかもしれない。良い結果が得られているうちは続けましょう。」ということがこれなんじゃないかと思います。

お客様の頭の中を想像する

第3者に意見をもらったり、可能であればお客様に直接聞いてみるのもありでしょう。いろんな角度から「このメッセージは伝えたい人に響いているか」というアンテナを張っておくことが大切です。

雪で覆われた当地から、あなたに伝えたいことはこんな感じです。最後まで読んで頂いてありがとうございました!

あなたのメッセージを伝えよう!応援しています!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

実店舗売上げをアップするアイデア

実店舗売上げをアップするアイデア

cta1-640