なぜこの部分は手書きなのか??

レスポンスDM

先日届いたDMですが・・・。(封筒の表面です。裏面に宛名シールが貼ってあります)

鳥取市で活動中!
POP・チラシ・DMで実店舗の集客・売上げアップをサポートします!
岡田弘太郎(おかだこうたろう)です。


丸く囲んだ線は僕が加工したものですが、本来なら上の画像の中にある白抜きの文字で事は足りているハズです。

そして「特別レポート在中」の文字も普通にゴシック系のフォントで打てばいいと思うのですが。

スポンサーリンク

手書きの方が「開けてみたくなる」?


「ザ・レスポンス」の事ですから、これもテストの一環という考え方でしょう。


「どの方法が開封率が良いか」という視点で。

手書きの効果

通販の折り込みチラシなどでも、最近は一部手書きの文字を採用しているものがありますよね。


やはり手書きは「目を引く」そしてPOPの場合は「時間が経っても周囲の景色に溶け込みにくい」と思います。


メーカーのポスターなどがその例ですが、あれって時間が経つと「壁紙」みたいになるような気がしませんか?

個性的がかえってイイ!


このDMもアンバランスながらも丁寧に書かれているのが好印象。

気持ちも伝わる感じがします。

誤字・脱字だってネタになる!

これは僕の経験ですが、チラシやPOPの字が間違ってたのをお客様に指摘して頂き、それをネタにまたPOPを書いたことがあります。


こんな風にPOPに表現するすべてが、マーケティングの一部になる可能性を秘めています。

マーケテイング=ファンづくり」。

これはもう、やるしかないでしょう!


さしあたり、ここから・・・もちろん無料ですので。

売れるPOPを書く方法ぜひ手にとって見てください。

今日あなたに伝えたいことはこんな感じです。最後まで読んで頂いてありがとうございました!

あなたのメッセージを伝えよう!

今日の「ワンダーコア」~シックスパックへの道~

今日のエクササイズ

プッシュアップ10×3セット

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

実店舗売上げをアップするアイデア

実店舗売上げをアップするアイデア

cta1-640