本田圭佑選手の言葉より

コーナーキック
本田圭佑選手の言葉より

というお話を。

鳥取市で活動中!
POP・チラシ・DMで実店舗の集客・売上げアップをサポートする専門家
岡田弘太郎(おかだこうたろう)です。


先月の新聞を整理していたら、サッカー日本代表、本田圭佑さんの記事を読みふけってしまい、すごく共感できた言葉を発見したのでシェアしたいと思います。
本田圭佑

スポンサーリンク

18年W杯はリベンジ

「30歳を前に本田」という小見出しから「3度目のW杯となるロシア大会への思い」「所属クラブでの苦しい状況」ときて「日本と欧州の比較」について答えているのですが・・
本田「日本人は、さらに言えばアジア人は欧米に対して劣等感がある。「イメージなんですよ、心の中の問題。でも意外とそんなことはない。日本人のほうが強い。それは僕が知っている。僕より努力できるやつ、欧州で見たことない。それが本質。」

さらに「サッカースクールで触れ合う子供たちに伝えたいことは。」
本田「しぶとく生きていける人間を育成したい。失敗の数はその人の魅力そのものと比例するのではないか。失敗したことがないという人が仮に僕の目の前に現れたら、何の魅力も感じない。失敗はすごく価値のあるものだと思っている。」

改めて・・・

いかがですか?我々一般人から見たら大成功している人だと思うのですが、そういう人の言葉なのでズシリと来ました。

失敗を恐れずに・・・

劣等感を少しずつ取り除いて、自信に替えていけるように努力を重ねていくべしと、誰よりも僕自身に「伝えたい」です。

直球すぎてすみません

今日、僕自身とあなたに伝えたいことはこんな感じです。最後まで読んで頂いてありがとうございました!

あなたのメッセージを伝えよう!応援しています!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

実店舗売上げをアップするアイデア

実店舗売上げをアップするアイデア

cta1-640