中学3年の娘とどう向き合うか?⑩最後の中学総体に臨む

中学生

バスケ部の娘が、最後の総体予選に臨みました。

元々身体能力は低くないのですが、


ひざのケガなどもあり、練習についていけない時期が長かったのでレギュラーではありません・・。

それでも前日の準備の様子などから察するに、彼女なりの緊張感はあったようです。


僕的にツボだったのは会場まで送っていった車中の会話。(同級生のチームメイトMちゃんを一緒に乗せていったので)


娘:「今日勝てると思う?」


Mちゃん:「さあ?やってみんとわからん」


娘:「勝っても次は無理だな。」

Mちゃん:「無理無理。」


娘:「先生、また泣くかな~?」


Mちゃん「多分泣くワ」


顧問の先生は僕もお会いしたことがあるのですが、その時はそんな「熱い」キャラという印象ではなく・・。


娘:「いっつも泣くよな~」

Mちゃん「3ピリからもう泣いとるもん。最後の話の時は大泣きだし。」


娘:「たいした話してないのに、泣きながら言うから、こっちももらい泣きしちゃうんよ~(笑)」

Mちゃん「そ~そ~(笑)」


先生、そういう事らしいです。(すみません)

スポンサーリンク

で、結果の方は


1回戦を劇的な逆転で制し、2回戦は予定通り大敗。


しかしその後の順位決定戦でなんと勝ってしまったので・・・

6位で予選通過!

です!

平成29年度 第13回東部地区中学校総合体育大会バスケットボール競技 [女子]結果


部活もこれで終わって、これからどうやって受験勉強モードに持ち込もうかと思っていたのですが・・・。


娘の部活動はもう少し続きます。

今日はこんな感じです。最後まで読んで頂いてありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

実店舗売上げをアップするアイデア

実店舗売上げをアップするアイデア

cta1-640