ベネフィットを上手く伝えられれば、売れるPOPになる!

%e3%82%a8%e3%82%af%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%83%aa%e3%82%a2

SONY公式HPより~エクスペリアのCMから、ベネフィットについて考えます。

鳥取市で活動中!
POP・チラシ・DMで実店舗の集客・売上げアップをサポートします!
岡田弘太郎(おかだこうたろう)です。

最近TVで見たSONYエクスペリアのCMからです。

スポンサーリンク

ベネフィットとは、商品からお客様が得られるメリット(体験)の事


ベネフィットの観点からこれを伝えようとすると・・



「釣った魚の画像を水滴を気にすることなく速攻で撮れる」という体験をアピールしています。
あなたが釣りを趣味にしていれば尚の事「つい見てしまう」となる訳です。

これはいわゆる「防水仕様」という視点からのCMですが、このスマホを使うことによってこういう体験が得られますよというメッセージを届けています。

このCNはある意味「釣りをしない人には」注視してもらえないかもしれませんが、逆に「釣りが好きな人」にとっては印象に残る確率が高いでしょう。

メッセージを届ける人を絞り込む

こちらは同じスマホの別のCM「ハイレゾ篇」

これは音楽を聴く際の「音質にこだわる人」にとっては印象に残りやすくなります。

同じ製品の魅力を伝えるにしても「伝えたい人」を明確にします。

その人欲しがっているモノを想像する

その人がどんな体験や価値を欲しがっているかを、リアルに想像してみます。

そしてその欲求を満たす体験を伝えます。

3つ目が「高感度カメラ」篇です


同じ商品でも、3つの機能に対して視点が変わればメッセージも変わります。

POPやチラシでは?

POPやチラシの紙面は小さく、伝えられる情報も限られます。そんな中で
・防水機能バッチリ!
・ハイレゾ音源対応
・高感度カメラ搭載
と箇条書きにしてしまっては、全部伝えていますがおかげで全部がぼやけてしまいます。

例えばひとつの機能につき1枚(チラシであれば1記事)の構成にして、3パターン作ります。

その3パターンを順番に入れ替えたり、季節や置く場所によって替えてみます。

「1枚書いたら、それで終わり。」にもなりませんし、この方がPOPを作っている方も飽きません。

「機能・特徴」と「ベネフィット」の違いをしっかり意識して、いろいろ試してみて下さい。

今日あなたに伝えたいことはこんな感じです。最後まで読んで頂いてありがとうございました!

今日のエクササイズ~

バランスボールでスパイダーマンプッシュアップ10×3セット

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

実店舗売上げをアップするアイデア

実店舗売上げをアップするアイデア

cta1-640