「POPを見やすく売り場に置く」ためのツール~その2~

pop%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e4%b8%ad

前回の記事に追記です。

鳥取市で活動中!
POP・チラシ・DMで実店舗の集客・売上げアップをサポートします!
岡田弘太郎(おかだこうたろう)です。

おおきな紙に書いたPOPを売り場で効率よく見せるための「少し大きい」ツールをご紹介しておきますね。

スポンサーリンク

出来るだけ粘着テープを使わない

今回の画像を見て頂いて解ると思いますが、出来る限り「挟んだり」「差し込んだり」して売り場に置いています。

セロテープ等で貼るとあなたの想像以上に痛みが速く、POPも売り場の什器や棚も汚れてしまいます。

挟んである方が移動も簡単ですし、売り場の変更にも対応できます。
pop%e3%83%84%e3%83%bc%e3%83%ab%ef%bc%93挟む部分が大きいので、取付ける場所も選びません。

pop%e3%83%84%e3%83%bc%e3%83%ab%e5%a4%a7こちらは自立式。赤く囲んだ部分で高さを調節できます

pop%e3%83%84%e3%83%bc%e3%83%ab%e4%b8%ad赤く囲んだ部分が磁石になっています。

pop%e3%83%84%e3%83%bc%e3%83%ab%e4%b8%ad%e6%a8%aaこちらは横バージョン

会員登録(無料)が必要ですが、すべてこちらで手に入ります
POPギャラリー・オンラインショップ

すべては「お客様目線」のために

POPを売り場に設置したら、離れて見たり近づいて見たりして「どの高さ、角度がお客様の目に留まりやすいか」を常に意識しましょう。

反応が悪かったら高さを変えて見たりしてみて下さい。

究極のチェック方法

それは「自分の財布を持って本気で買い物してみる」事です。

あとは「お客様の行動や反応をよく観察する」ですね。

最も大切なコトは・・・

楽しんで書くことは大事ですが、POPを書くことの目的は「お客様に商品を買って頂き、売り上げをアップさせる事」ですから。

そのために試行錯誤を繰り返しましょう。

書くことに慣れてくると、「POPの出来栄え」に意識が行き過ぎて「POPを書いただけで満足」してしまいます。ご注意を。


僕も以前、そうなってしまったことがありますので(笑)


今日はこんな感じです。最後まで読んで頂いてありがとうございました!

あなたのメッセージを伝えよう!

今日の「ワンダーコア」~シックスパックへの道~

今日のエクササイズ

バランスボールでスパイダーマンプッシュアップ10×3セット

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

実店舗売上げをアップするアイデア

実店舗売上げをアップするアイデア

cta1-640