今どきの大学進学にかかる費用について調べてみた

高3の息子がいよいよ受験モードです。

鳥取市で活動中!
POP・チラシ・DMで実店舗の集客・売上げアップをサポートします!
岡田弘太郎(おかだこうたろう)です。


塾を追加したいと言うので、頑張ってほしいという思いからOKしたものの、
結構な金額。

妻がやりくりして捻出してくれましたが、本番にかかる費用も頭に入れておかないと思いちょっと調べてみました。

スポンサーリンク

国立大学に合格してくれ!

[国立大学の学費]リアルに必要な金額は?費用の工面と対策方法~アップイン~
まずは国立大学ってこんなにあったのかというのと、私立と国立の学費の差を再認識。


今さらですが、私立の医学部って家が買えるほどの費用がかかるのね・・・(驚)

さらに親元を離れて下宿となると・・・

大学・短大の進学費用~さんぽうネット~
受験・入学から卒業までの流れと費用がまとまっています。さらに自宅生と下宿生のケースについてもシュミレーションされています。

以前から思っていましたが、


親としては将来のビジョンが何もなく進学するというのはいかがなものかと・・・


かと言って、それをはっきりと持っている高校3年生もあまり多くはないんじゃないかと思う。

恥ずかしながら自分もそうでしたし・・・


改めて自分の親に感謝しながら、出来る限りのことをしてやらねばと思います。

今どきの情報を親として持っておく

将来につながる学問の探し方~ベネッセ・マナビジョン・保護者版~

たった今本人に聞いた所、志望校はほぼ固まっているそうです。

望む結果が得られるようにがんばってほしいです。

それにしてもさまざまな企業が、それぞれの視点からコンテンツを作っているので利用しない手はないです。


もちろん自社の見込み客(お客様候補)獲得を目的としているのですが・・・

「お客様目線で、お役立ち情報を提供する」


ブログを書く上でこの姿勢を持ち続けたいです。


今夜はこんな感じです。最後まで読んで頂いてありがとうございました!

あなたのメッセージを伝えよう!

今日の「ワンダーコア」~シックスパックへの道~

今日のエクササイズ

スクワット10×3セット

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

実店舗売上げをアップするアイデア

実店舗売上げをアップするアイデア

cta1-640