この際「O2O(オンラインtoオフライン)」も勉強しよう

%e3%81%82%e3%81%92%e3%81%a8%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b

前回の記事に「O2O」(オンラインtoオフライン)という言葉も登場しました。
岡田的にはこちらの方がよりあなたの身近に感じられるかなと思うので、こちらも一緒に読んでみて下さい。

鳥取市で活動中!
POP・チラシ・DMで実店舗の集客・売上げアップをサポートします!
岡田弘太郎(おかだこうたろう)です。


基本的な意味はこんな風です
 

スポンサーリンク

オンライン(インターネット)の情報がオフライン(実世界)の購買活動に影響を与えたり、オンラインからオフラインへと生活者の行動を促す施策を指す

~ソーシャルメディアマーケティングラボ~
 

2012年の記事です。その頃はこの言葉を全く知らなかった・・・。


 

最初にO2Oという言葉が注目されたのは、販売チャネルの多様化によるリアル店舗の「ショールーム化」対策からでした。実店舗で製品を確認し、気に入ったらその場でスマートフォンを使って最安値を検索、一円でも安いネット店舗で購入する…といった消費者の「賢い買い物」行動をいかに自社の収益に取り込むか、というのが当初の命題だったと言えます。

~俺のクラウド~
 

あなたも一度くらいはこんな風に考えたことがある、あるいはやったことがあるかも・・・小売店の側からすると、「店舗のショールーム化」は頭の痛いところですよね。

実例としては

 

・企業の忘年会や歓送迎会に使用されるような、大人数向けの宴会プラン予約に特化した飲食店には、予約者である幹事に対してポイントバックがされるプランが存在します。幹事の負う評価されない気苦労を、人知れずねぎらってくれる店舗の優しさとも言えます。
 


その他にも紙や樹脂のカードに代わってスマホのアプリでポイントを貯めたり、最新のチラシを見る事が出来たりなどが身近でしょうか。

O2Oとオムニチャネルとの違い

 

O2OはECサイトでの便利な買い物を好む顧客に、オフラインならではのメリットを提案し、実店舗への来店を促すことを目的とします。効果的なターゲットは新規来店者で、効果に即効性があることが特徴です。
オムニチャネルはECサイトと実店舗の区別をつけず、どこからアクセスしても同等の買い物体験を提供することを目的とします。導入の負荷は大きく、O2Oほどの即効性はありませんが、顧客増と囲い込みによる売上増加が長期にわたって見込まれることが特徴です。
 

さらにO2O2O?!

 

TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアによって、生活者同士のコミュニケーションが活発になると、オンライン上で欲しい商品の情報を検索し、実店舗へ出向いてその商品を購入、その使用感など商品レビューをSNSに投稿するなど、オンラインとオフラインを行き来する消費行動をとる生活者が登場しました。
 



やはりソーシャルメディアは無視できないモノになっています。お客様とのつながりの大切さとクチコミのパワーは言うまでもないところですから。

だからこそDMやチラシが有効です

もしも大企業がコスト削減のためにアプリの活用を進めて紙媒体を減らしたとしたら・・・・


逆に紙のチラシやDMが際立つ!と思うのです。


「手で触る感触の大切さ・手書きの温かさ」はこれからも変わることがないでしょうから。


・・・・という事で今日も僕は手書きでPOPを書いています(笑)

今夜あなたに伝えたいことはこんな感じです。最後まで読んで頂いてありがとうございました!

あなたのメッセージを伝えよう!

今日の「ワンダーコア」~シックスパックへの道~

今日のエクササイズ

腹筋ローラー10×3セット

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

実店舗売上げをアップするアイデア

実店舗売上げをアップするアイデア

cta1-640