初心者でもお金をかけずに売り上げアップ!POPからはじめよう!②

IMG_0819

「お客様目線」を「お客様に教えて頂いた」実例をご紹介します

鳥取市で活動中!
POP・チラシ・DMで実店舗の集客・売上げアップをサポートします!
岡田弘太郎(おかだこうたろう)です。

今回は当社の売り場から・・・

スポンサーリンク

何を書いて良いのかわからない・・でもとりあえず書いてみた!

IMG_0817商品がなくなってしまったので、わかりにくいですが、お魚の「エイ」の切り身を売り込もうとしたのです。
この魚の調理法は、煮つけが一般的ですが

「○○分」は調理時間?加熱時間?でしょうか。

これを書いてくれた担当さんは「メニューの提案」のつもりで書いてくれました・・・イラストがかわいい。


カスべ/赤エイについて~板前手前~

1枚書いたことで、お客様から反応が・・・

あるお客様から、「ヌメリが多いみたいですけど、一度塩でもんだ方がいいですか?」と質問されました。

その方は、生のタコを自分で茹でるので、その経験から聞いて頂いたようで・・・

僕は「そうですね、たっぷりの塩でもんでから、熱湯を回しかけたり、一度茹でこぼしたりしてもらえば、臭みが取れて美味しいです。」


と答えました。

これぞお客様目線!

このやりとりから、「お客様はメニューにたどり着く前に、下処理がハードルになっているのではないか?」と感じたのです。

そこでこのPOPを追加しました
IMG_0818

このPOPの効果かどうかは断言できませんが、10パック中9パックを当日売ることが出来ました。

1枚書くことで反応を得て、すぐに売り場に落とし込む

これが「とりあえず1枚書く事」をおススメする大きな理由です。

お客様からの反応、質問などは、貴重な「POPのネタ」になります。

生鮮食品の場合は特にスピード勝負ですので、きれいに書く事よりも「とにかく書く」が重要です。


1枚書いたら安心せず、次のネタを捕まえるアンテナを貼りましょう!


今日のおまけ
IMG_0819
このPOPもけっこう活躍しています。ポピュラーな食材の場合は簡単かつ目先を変えたメニューの提案を・・・


今夜あなたに伝えたいことはこんな感じです。最後まで読んで頂いてありがとうございました!

あなたのメッセージを伝えよう!

今日の「ワンダーコア」~シックスパックへの道~

今日のエクササイズ

レッグレイズ10×3セット

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

実店舗売上げをアップするアイデア

実店舗売上げをアップするアイデア

cta1-640