売上げを着実に伸ばすためにやるべきこと

POP

鳥取市で活動中!
POP・チラシ・DMで実店舗の集客・売上げアップをサポートする専門家
岡田弘太郎(おかだこうたろう)です。

昨日からのつづきでございます、

売上げを着実に伸ばすためにやるべきこと

というお話を。

スポンサーリンク

スタッフにもPOPを書いてもらおう

昨日は「POPを書くのが好きなスタッフを探して、育てましょう」という事をお話しました。

そこをきっかけにしてお店全体で「POPを書くことは楽しい」という雰囲気づくりをしていきましょう。

そこで大切なのは、POPを書く事の「本来の目的」をいつも意識しておくことです。
書くことに慣れてくると「キレイに」「かっこよく」書くことばかりに目がいってしまう時期が一度は誰にでもやってきます。一生懸命キレイに書いていることを否定してはいけませんが、

「商品を手に取ってもらいたい」
「スタッフに話しかけてもらいたい」
「サンプルを使ってみて欲しい」  など、

お客様にどんな行動をとって欲しいかを明確にしてどんな言葉を選ぶかが大切です。そこを絶えず意識してもらうように声をかけましょう。

100点のPOPを1年に1枚より、50点のPOPを毎日1枚

まずは「飽きることなく」POPを書きつづけることです。すでに10枚同じ商品のPOPを書いていたとしても、はじめて来店されたお客様はそのPOPが初めて見るモノになるからです。
そしてお客様に伝わるPOPを書くためには、スタッフ自身の「その商品を心からお勧めする魅力」を表現する事が大切です。
そのうちにそれぞれが「心からお勧めできる商品」をお店に並べたくなります。そうなってくれば、お店全体がお客様に信頼され、「お店のファン」が増えていく事でしょう。

最も大切なコトは

一度POPに取り組んで売り上げを伸ばしたら、そこからは続けていくしかありません。POPを書いた分だけ売り場に活気が出て、売り上げにつながっていくハズです。

売上げを着実に伸ばすためにやるべきこと。それは「書き続けること」です。

今夜あなたに伝えたいことはこんな感じです。最後まで読んで頂いてありがとうございました!

あなたのメッセージを伝えよう!応援しています!

今日の「ワンダーコア」~シックスパックへの道~

クランチ20×3セット
ツイスト20×3セット

「最近筋肉痛が来ない」と書きましたが、筋肉痛と筋肉の肥大には関係がないそうです。
重要なのは「前回よりも少し強い負荷をかける」事だそうです。
筋肉痛にならないと筋肉は付かない!?
こちらもコツコツ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

実店舗売上げをアップするアイデア

実店舗売上げをアップするアイデア

cta1-640