販促はPOPを書く事から始めるべき!その理由。

フォンダンショコラPOP

先日ご紹介したフォンダンショコラのpopを書いてみました

業務スーパー「ベルギー産フォンダンショコラ」食べてみた。

鳥取市で活動中!
POP・チラシ・DMで実店舗の集客・売上げアップをサポートします!
岡田弘太郎(おかだこうたろう)です。


月に1回、テナントとして入居しているいない本部から予算を頂いて、この店独自のチラシを発行しています。駅南店通信6.21商品の紹介と簡単なレシピ、ぜひ体験してもらいたい商品の割引クーポンなどで構成。


集客とマーケティング(ファンづくり)に貢献しています。


今日も店内で


「チラシのレシピに書いてある”塩だれ”の売り場ははどこですか?」とご婦人に尋ねられました。


ありがたいことです。

スポンサーリンク

なぜ、「POPから」なのか?


全くのゼロから販促を始める場合、チラシはハードルが高いので


まず自分が売り込みたい!もっと魅力を伝えたいと思う商品のPOPを作ります。


POPを作る事で、お客様の声が集まったり商品に関するエピソードが出てくるはずです。


駅南店通信フォンダンショコラ今回のこの記事と上のPOPが連動しています。


そうやって集まった「ネタ」を今度はチラシに書き込んで紙面を埋めていくわけです。


するとまた、チラシをきっかけにしたエピソードができたりします。


さらにそれをPOPやチラシ、次の商品づくりに活かしていく・・・


という好循環が生まれます。

POPを書くための準備は様々なことに役立つ


POPを書こうとして言葉やエピソードを集めようとすることは、後々様々な販促に役立ちます。

そしてPOPやチラシを書くことにより


2次的効果として「売る人」や「製造する人(サービスをする人)」の意識が高まります。


POPやチラシに表現することはある意味「お客様との約束」でもあるので


店内・社内が引き締まるような気がします(経験上)

まずはPOPから!


店長・社長さんというよりも


売り場の担当の方、


美容院・治療院のスタッフの方

現場の最前線でお客様と向き合っているあなたの方が


売れるPOPを書くための「ネタ」をいっぱい持ってるはず・・・

あなたもPOPを1枚書いてみませんか?

これがそのお手伝いになると思います・・・
売れるPOPを書く方法も合わせてぜひ手にとって見てくださいね。

今日はこんな感じです。最後まで読んで頂いてありがとうございました!

あなたのメッセージを伝えよう!

今日の「ワンダーコア」~シックスパックへの道~

今日のエクササイズ

プッシュアップ10×3セット

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

実店舗売上げをアップするアイデア

実店舗売上げをアップするアイデア

cta1-640