という訳でPOPの練習。~このオイルヒーターのPOPを書いてみよう!~

%e3%82%aa%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%92%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc%e5%85%a8%e9%9d%a2

今日の新聞折込みに入っていたこのチラシをもとに、POPを書いてみましょう!

鳥取市で活動中!
POP・チラシ・DMで実店舗の集客・売上げアップをサポートします!
岡田弘太郎(おかだこうたろう)です。

スポンサーリンク

まずは要素(ネタ)を抽出

価格が安いので、訴求ポイントになります。
%e3%82%aa%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%92%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc%e4%be%a1%e6%a0%bc
特徴とベネフィット
%e3%82%aa%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%92%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%99%e3%83%8d%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%83%88ベネフィットとは、「それを使う事でどんな感情・生活・状態が得られるのか」という事を指します。
この場合は特徴とベネフィットが混ざってるような感じですが、あえて書くと「ワンちゃん、猫ちゃんのいる部屋でも安心して使えます!」とか。

「イメージキャラクター」?「権威を利用」「お客様の声」
%e3%82%aa%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%92%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc%e5%8d%83%e6%98%8c%e5%a4%ab「千昌夫さん」や「ご愛用者500万人」。少々強引ですが、少しづつ混ざってる感じです。

あなたの商品に関しても「思いつく言葉」を一度全部紙に書いてみて、これらの要素に分けてみて下さい。

その中から「どんな人に」「どれを1番に伝えたいか」「どんな言葉がその人に響くのか」などを考えます


今回僕は「ペットを飼っている年配の方」をイメージして言葉を選びました。

言葉がきまったら「下書き」

まずは白い紙にザックリ書いてみましょう。こんな感じ。
%e4%b8%8b%e6%9b%b8%e3%81%8d

そしてPOPにしてみました
%e6%9c%ac%e7%95%aa書いた順番を白い数字で示してあります。

用紙の中にうまく納めるコツ

下書きよりも「ふた回りぐらい」小さい字で書いていく事です。

スペースが余りそうな気がしますが、意外にちょうどよく納まります。

もし右端にスペースが余ってしまったら、ハートや♪、その他なんでもいいので埋めればいいですから。


練習あるのみ

慣れてくると下書きなしで書けるようになります。

少しづつ言葉も変えてみたりして、どれが反応がいいかテストしてみるのもアリですね。

用紙が小さい時は細いペンを使います。それはまた別の機会に。

希望半分・不安半分のあなたに伝えたいことはこんな感じです。最後まで読んで頂いてありがとうございました!

あなたのメッセージを伝えよう!

今日の「ワンダーコア」~シックスパックへの道~

今日のエクササイズ

ゴムチューブでロープーリー10×3セット

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

実店舗売上げをアップするアイデア

実店舗売上げをアップするアイデア

cta1-640