トマト農家の熱き思いを伝えるPOPとは。

フルーツトマトハウス

義弟の依頼で大阪の商社さん案内して、以前取引のあったトマト生産者さんを訪ねました。

鳥取市で活動中!
POP・チラシ・DMで実店舗の集客・売上げアップをサポートします!
岡田弘太郎(おかだこうたろう)です。


主にアジアに向けて農産物の輸出に取り組もうとしている商社の方をお連れして、北栄町上種という所に行ってきました。

4人で会社を立ち上げ、美味しいトマトを届けるために頑張っていらっしゃいます。

その中の1人の村岡武士(ムラオカタケシ)さんはかつて取引でお世話になった方です。


美味しいフルーツトマトを試食もしながら話は進み・・・
フルーツトマト

スポンサーリンク

この美味しさをどう伝えるか?

「おいしい!甘い!」のはわかってるんです。


生産者さんたちは自分のトマトを売ろうとする時に、みんなそう言う。

逆にそれしか言えてない方が多いのではないかと・・・。

商談の最中も、


「魅力的なコピーが出てこなかな~」と考えておりました。

台湾や香港・シンガポールでも、POPや販促のツールは必要なんじゃないか?


と思ったりして・・・。


実際にハウスも見学し、そこでのお話に耳を傾けていると村岡さんが、


「こどもがパクパク食べて止まらない!野菜が苦手な子供もこれなら食べられる!そんなトマトを目指しています!」と。

頂きました。

こんな感じでいかがでしょう?

野菜嫌いのお子さんも一度試して欲しい!きっと食べられる!

「これなら食べられる!」というお子さん続出!

ベネフィット=これを食べた方がどういう経験・体験を得られるのか?あるいはその期待感。

これを書きます。

途切れる事のない情熱

「いいモノを作りたい!」「事業として成功したい」という情熱がヒシヒシと伝わってきた、今回の再会でした。


この輸出の話が、事業として軌道に乗ることを祈っております。


と同時に、POPやセールスレター、キャッチコピーなどでお役にたてないかなと思いながら帰ってきました。


鳥取県にお住まいの皆様。

直売所で「北栄町・村岡武士」という名前を見つけたら、


即買いをおススメします。


間違いない!!!

このような志が高い農家さんが、直売所等でどんどん売れるようなPOPのお手伝いができたらな~と思いながら帰ってきました。

直売所でガンガン売りたい農家さんにもお役に立つかも・・・
売れるPOPを書く方法ぜひ手にとって見てくださいね。

今日はこんな感じです。最後まで読んで頂いてありがとうございました!

あなたのメッセージを伝えよう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

実店舗売上げをアップするアイデア

実店舗売上げをアップするアイデア

cta1-640