あなたの商品を「欲しい」と思っている人の探し方

欲しがってる
あなたの商品を「欲しい」と思っている人(見込み客)の探し方

というお話です。

鳥取市で活動中!
POP・チラシ・DMで実店舗の集客・売上げアップをサポートする専門家
岡田弘太郎(おかだこうたろう)です。


昨日の記事
あなたの商品を「欲しい」と思っている人(見込み客)を探す⇒その「欲しい感情」を膨らませていくメッセージを伝える
というお話をしましたので、今日はその「欲しい」と思っている人をどう探すかについて考えたいと思います。

スポンサーリンク

①あなたの商品は「どんな人が」欲しがるのだろう?

商品の特徴や説明をお願いすると「アレも言いたい・これも言いたい」といったように長くなりすぎてしまい、うまく伝わらない場合が多いです

あなたの商品の特徴をお客様のニーズという観点から説明してみて下さい。

つまり
商品の説明を30秒しただけで、「売って下さい!」といってくるお客様はどんな状況の人か?

を上げてみて下さい。

一つか二つは思いつきますか?ではこれはどうでしょう?

過去にあなたの商品を買ってくれた人は、どんな状況にある人だったでしょう?

これならもっと思い出せますよね。出来るだけ詳しく。

このようなやり方で、「どんな状況の人があなたの商品を欲しがるのか」を書き出してみましょう。

②「欲しがっている人たち」がたくさんいる人はどこだろう?

①で書き出した状況の人たちを絞り込んだり、たくさん住んでいると思われる地域を選び出します。

例えば、あなたが「外壁塗装やリフォームの得意な工務店」を営んでいれば、出来て間もない分譲住宅地にチラシをポスティングするよりも、分譲が終わって10年くらい経った住宅地を回った方が可能性が高いことはわかるでしょうし、プロならば外からみれば築年数が大体わかるでしょうから、新聞折込みよりもそういったお宅にピンポイントでポスティングした方が効果的です。


この他にも、最近では図書館でこちらの示した条件に合致した資料や情報を提供してくれるサービスを行っている場合があります。
鳥取県立図書館~ビジネス支援~

③「欲しがってる理由」を具体的にイメージしてメッセージを発信

例えばあなたが「有機栽培・無農薬リンゴ」を売っていたとして・・・。

イメージ①健康志向・・・自分向け

「健康志向で、毎日スムージーを愛飲している主婦」
食材には徹底的にこだわっていて、野菜との相性を考えながら、財布にも優しいスムージー用のリンゴを、ここ数年間、探し求めている。

イメージ②安全志向・・・子供向け

「お子さんが喘息やアトピーで悩んでいて、リンゴがいいと医者から聞いたお母さん」。
ワックス、農薬などを出来るだけ使っていない、生産者がはっきりしているリンゴを食べさせたい。

 

イメージ③贈答用

「お子さんが添加物ばかりのスナックしか食べずに悩んでいる、と打ち明けてくれた友人への贈答品を探している人」。
自分の家族も、このリンゴで、食生活が大幅に改善したので、同じ体験を分かち合いたい。

イメージ④ プロ向け食材

「リンゴを使ったお菓子づくりで著名なパティシエ」。
ライバル店が近隣に出店してきたので、産地がはっきりしたリンゴで、品質の違いを打ち出したい。

それぞれのケースで、メッセージを発信する対象や、どのような言葉が伝わりやすいかという点も違う事がわかると思います。
そして現実に起こったような事があればそれをメッセージに折り込めば、より伝わりやすいモノになるでしょう。

このような手順でメッセージを作って発信すれば、一度反応が悪かったからといってあきらめずに「今度はこの地域に発信してみよう」とか「イメージするお客様を変えてみよう」など、よりよい反応が得られる条件を探して改善をくり返します。

これであなたの商品をアピールする事に「あきらめる」や「飽きる」はなくなるはずです。

今夜あなたに伝えたいことはこんな感じです。最後まで読んで頂いてありがとうございました!

あなたのメッセージを伝えよう!

今日の「ワンダーコア」~シックスパックへの道~

クランチ10×3セット
昨日の記事

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

実店舗売上げをアップするアイデア

実店舗売上げをアップするアイデア

cta1-640