黒板POPの目的

黒板
黒板POPの目的

というお話を。

鳥取市で活動中!
POP・チラシ・DMで実店舗の集客・売上げアップをサポートする専門家
岡田弘太郎(おかだこうたろう)です。

この黒板POPをつくった美容室でカットしてもらってます。
みどり黒板POP

スポンサーリンク

どんな事ををゴールとしてPOPを作るのか?

以前も書きましたが、このPOPを見ていきなり着付けの予約をしてくるお客様はいないでしょう。ここでは話題づくり、つまりカットやパーマをしに来たお客様との会話の中で、着付けの事が話題になれば目的達成です。この美容室ではニュースレター的情報発信チラシや、DMを出しているので、その中のネタとして黒板を話題にするというのも一つの手段ですね。


飲食店や小売店などでは、単品のメニューや商品を紹介して、買ってもらうことを目的とする場合もあります。


しかし治療院やエステサロン、美容室といった店舗ビジネスでは、黒板POPを見ていきなり入店してもらうというのはまずありえないでしょう。
よくあるのは黒板の横に案内チラシやメニューリストを持ち帰れるように付けておき、それを取ってもらうことを目的としてPOPを書くという場合です。

段階としては

・黒板に興味を持ってもらい
・横に付いているチラシを持って帰ってもらう
・予約の電話を入れてもらう
・来店

となります
(チラシにクーポンや割引チケットを付けるのを忘れずに)

1枚の黒板で1ゴール

POPの目的は、1枚で1つに絞った方が、より伝わるものになります。メニューや説明をごちゃごちゃと細かく書いてもなかなか読んではもらえないでしょう

大きな文字やきれいな写真を効果的に使って、まずは通りを歩いているひとの興味を惹くことが重要です。

そしていつもきれいに

インクが色あせたり、全体が汚れていたりしたらこまめにお掃除を。イメージが大切ですからね。

今夜あなたに伝えたいことはこんな感じです。最後まで読んで頂いてありがとうございました!

あなたのメッセージを伝えよう!

今日の「ワンダーコア」~シックスパックへの道~

今日のエクササイズ

ジョギング30分

懸垂10回

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

実店舗売上げをアップするアイデア

実店舗売上げをアップするアイデア

cta1-640