「異質」は目を引く。

%e9%9d%92%e6%b1%81%e3%81%8d%e3%81%aa%e3%81%93%e5%a4%a7
やっぱり手書きは目立つ

というお話を。

鳥取市で活動中!
POP・チラシ・DMで実店舗の集客・売上げアップをサポートします!
岡田弘太郎(おかだこうたろう)です。

このブログから小冊子「売れるPOPを書くために覚えておくべき7つの原則」をダウンロードして頂いた・・・

とある洋菓子屋さんのHPを見て感じたことを・・・。

ドイツ菓子 カーベカイザーさんHP

スポンサーリンク

HPが素晴らしい!

個々の商品を紹介するメッセージにも
素材へのこだわり・・・
どんなシーンで・・・
どんな食べ方がおススメか・・・

などがきちんと書かれており、素晴らしいと感じました。

基本的にはPOPにもこのメッセージが反映されていると推測されます。

きれいに整った中で・・・

すべて印刷されたPOPの中では、やはり手書きが目を引きます。

定番的な、初めて来店されたお客様に向けたメッセージのPOPは印刷したモノで・・・。


常連のお客様とのコミュニケーションのきっかけになるような話題は手書きPOPでという構成はどうでしょう?


と妄想しております。


あのお客様が召しあがっている光景を想像して・・・(伝えたい人を絞るのも一つの方法なので)


例えば

職人さんだからやってる「こんな邪道(?)な食べ方」とか。

お客様からこんなうれしいお言葉を頂きました~~とか。

バターへのこだわりをこんな風に感じて頂けるハズです~とか。

僕なんかは「カルピスバター」というワードだけで惹かれます(笑)

ちょっと個性的が逆にイイ!

もちろん、大切にされているお店の雰囲気とかコンセプトを最優先ですが・・


読んで頂ける確率を上げたいなら、断然、


個性的な手書きをおススメします

楽しくなるまで

お客様とのコミュニケーションが増えて、「楽しく」なってくればシメたもの。


小さな「楽しい」を積み重ねていきましょう。


そのためのお手伝いになれば幸いです
売れるPOPを書く方法あなたも手にとって見てください。

今日あなたに伝えたいことはこんな感じです。最後まで読んで頂いてありがとうございました!

あなたのメッセージを伝えよう!

今日の「ワンダーコア」~シックスパックへの道~

今日のエクササイズ

シットアップ10×3セット

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

実店舗売上げをアップするアイデア

実店舗売上げをアップするアイデア

cta1-640