美容室の新スタッフさんにPOP指導!

%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%83%89%e3%82%a8%e3%82%b9%e3%83%86

今日は午後からおなじみの友人の美容室のPOPを書きに行って来ました。

僕の実家でもある鹿野町で今週末、イベントが開催されます。

鹿野わったいな祭開催~鳥取市公式サイト~

期間中は美容室がある通りも自動車は通行できないので(いわゆる歩行者天国)、天気が良ければ店前でこれをやることになりました。
%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%83%89%e3%82%a8%e3%82%b9%e3%83%86

鳥取市で活動中!
POP・チラシ・DMで実店舗の集客・売上げアップをサポートします!
岡田弘太郎(おかだこうたろう)です。

スポンサーリンク

新加入スタッフさんの力作

お店に着くと新加入のスタッフさんがPOPを書いてました。

%e3%81%82%e3%81%8d%e3%81%95%e3%82%93%e4%bd%9c

「店主が書けというので・・」と言っておりましたが、素晴らしい文字。用紙の中でバランスを取って上手に書いてありました。

これは「文字そのもの」の書き方を教えるよりも、「何を」「どんな優先順位で」書くかを伝えた方がよいと感じました。

お客様目線で考える

これまでも述べてきましたが
「このサービスを受けると、お客様はどうなるのか」
「それはどんなシーンで使ってほしいのか」
を優先して(大きく)書くべきなのです。


上のPOPで言うならばピンクの「本格的」という部分がこちらとしては「アピールポイント」なので大きく書くべきなのです。

走り書きで説明

そこでこんな風に走り書き・・
%e4%bf%ae%e6%ad%a3%e5%be%8c
上から解説すると
%e8%a7%a3%e8%aa%ac%e4%bb%98%e3%81%8d

・「3日間もち肌が続きます」⇒エステを受けるとあなたはどう変わるのかを書きましょう
・「デートの前日に」それをどんな時に使って欲しいかをアピール
・数字は大きく書くと「たくさん」「高く」感じる
・同じく小さく書くと「少なく」「安く」感じる。
・同じ1時間でも長く感じさせたければ「60分」短く感じて欲しい時は「1時間」を選ぶ

とお話して、説明書きを書き加えておきました。

あ、もちろん「お客様の声・感想」を集めるのも忘れずに・・・とも伝えました。

これを機会にPOPを書くのが好きになってくれると嬉しいです。

今夜はこんな感じです。最後まで読んで頂いてありがとうございました!

あなたのメッセージを伝えよう!

今日の「ワンダーコア」~シックスパックへの道~

今日のエクササイズ

腹筋ローラー10×3セット

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

実店舗売上げをアップするアイデア

実店舗売上げをアップするアイデア

cta1-640