地理的表示(GI)って何?

0195e94cadffe842c2d8135307bf57bec915243147

こんなチラシを見つけました。

01972a8b4d1abef8c150806610434ba042650a8775

鳥取砂丘らっきょうが「GI認証」を取得したそうです。

はじめて聞く言葉だったので調べてみました。


2015年6月にスタートした、まだ新しい制度です。

鳥取砂丘らっきょうが11号。素晴らしい。

「地理的表示保護制度」とは?~政府広報オンライン~

ブランドと品質を保証するものとして、国がお墨付きを与えるという事のようです。

スポンサーリンク

そのメリットは?

(1)地域ブランド産品として差別化が図られる

産品の品質について、国の「お墨付き」が与えられます。品質が保証された地域ブランド産品として、価格の維持・向上も期待されます。

(2)品質を守るものだけが市場に流通する

地域ブランド産品の品質が守られ、GIマークにより、他の産品との差別化が図られます。

(3)訴訟などの負担なく自分たちのブランドを守ることができる

不正使用に対して、行政が取締りを行うことで、生産者にとっては訴訟などの負担なく、自分たちのブランドを守ることができます。

(4)日本の地域ブランド産品の海外展開に寄与する

GIマークを貼付することにより、輸出先国でも日本の真正な地域ブランド産品であることが明示され、差別化が図られることにより、地域の特産品の海外展開にも役立ちます。

 

(1)(2)は今までもその役割を果たしたものがあったと思いますが、(3)と(4)が大きいと感じました。

輸出という観点から大きなメリットがあるので、今後は日本酒や焼酎で取得が進むのではないでしょうか

らっきょうも海外展開のきっかけとなるか???

もともとはEUの制度を参考に作られたもののようです。

地理的制度(GI)について~駐日欧州連合代表部の公式ウェブマガジン~

国内でも安心の保証に

もちろん国内でもこのマークが安心安全や品質の保証になるので、生産者と消費者の信頼関係をさらに深めるツールになっていく事でしょう。

今日の「ワンダーコア」~シックスパックへの道~

クランチ20×3セット

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

実店舗売上げをアップするアイデア

実店舗売上げをアップするアイデア

cta1-640