チラシレビュー「ビューティースペース ミュウ」さん

エステチラシ2枚

いつもお世話になっているあおぞらドッグランさんにワンコをシャンプーに連れて行った妻が、「置いてあった」と持ち帰りました。エステのチラシです。

鳥取市で活動中!
POP・チラシ・DMで実店舗の集客・売上げアップをサポートします!
岡田弘太郎(おかだこうたろう)です。


まずちゃんとしてるのは三つ折りした時にきちんと大きな見出しが読めるようにしてある点
エステチラシ三つ折り

スポンサーリンク

残りの3分の2は?


しかし開いて読んで見ると、「美脚」の見出しの方は「全身瘦身」と「リンパフェイシャルマッサージ。」
エステチラシ1


「毛穴」見出しの方は「デトックスフェイシャル」と「ハンドケア講習」
エステチラシ2

どれをアピールしたいのか?

色々メニューがあるのは良いのですが、「うっとり美脚」が気になってこのチラシを手にとったのに、他のスペースは全く違う事が書いてあって残念。と感じないでしょうか?

「総花的」になってしまって結局何が得意なのか、どれがイチオシなのかがぼやけてしまっているような印象を受けます。

テストを繰り返すつもりで


このようにいくつかのパターンを作るのならば、「1枚に1メニュー」に絞り込んでより詳しい内容のモノを作り、どの季節にはどのチラシが反応が良いかテストと改善をくり返してみてはどうでしょうか。

でも最も大切なコトは・・・

「このチラシを読んだ人にどのような行動をとって欲しいか。」という目的を考えると、連絡先=電話番号をもっと大きくして「”チラシを見たので”とお電話ください」と書くべきでしょう


ワンコのシャンプーにいった妻が持ち帰ったのですから、チラシとして「手にとってもらう」という第1関門は突破しています。

つぎは「連絡をもらう」工夫。チラシに割引チケットをつけるとか、チラシ限定企画を作るなど。


とにかく一度体験して欲しい!これがとりあえずのゴールですから。


有効期限を設定することも忘れずに。設置してもらったお店に対する配慮という意味でも・・・。

こちらはPOPだけでなく、チラシに使えるアイデアも載ってます・・・
売れるPOPを書く方法もぜひ手にとって見てくださいね。

今日はこんな感じです。最後まで読んで頂いてありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

実店舗売上げをアップするアイデア

実店舗売上げをアップするアイデア

cta1-640