全部読みたくなるホワイトボード

2カレー屋さん
全部読みたくなるホワイトボード

のお話です。

鳥取市で活動中!
POP・チラシ・DMで実店舗の集客・売上げアップをサポートする専門家
岡田弘太郎(おかだこうたろう)です。

まずはBUZZmagの記事から。
インドカレー屋のこの『お知らせ』が4ヶ月後…!一生懸命があたたかい 2枚
のトップの画像が4か月前のモノです。

スポンサーリンク

まずはこれを店頭に掲示する勇気!

もしも逆の立場~われわれ日本人がインドで日本食レストランを開業するとしたら、このレベルの現地の文字をお店に張り出す勇気はないかもしれません。でも投稿者さんや僕も含めて「現地の人で微笑ましく見ている人が必ずいる」

一生懸命日本語を話そうとする外国人に出会ったら、「変な奴」と笑ったりしないで、一緒にコミュニケーションをとろうとするでしょう。

それと似た感じで、これを見て「絶対入る気がしないワ」と思う人は少ないハズです。

そして進化に感動!

これが4か月後~
カレーやさん
日本語を勉強したことがにじみ出ている、そして伝えたいことをきちんと書いているホワイトボードになりました。右下に小さく「チラシご持参の方は・・・」と書いてあるので、おそらくチラシも書かれたのでしょう。

お客さんはちゃんと見ている

投稿者さんも含めて、例えば毎日そこを通るお客さんにちゃんと気づいてくれる人はいるもんです。

しかし「4か月の進歩」を知らなかったとしても、このボードから「全部読みたくなる感じ」を抱いたのは僕だけでしょうか?

にじみ出るモノ

字の大きさ、強調する優先順位などはセオリー度外視ですが、伝えたい内容はきちんとしているので、その辺も勉強されたように感じます。

でもそれ以前に、「誠実さ」とか「一生懸命さ」を感じて、つい読んでしまう。

きっとここの料理は誠実に作られていて美味しいんじゃないかと期待してしまう。


あなたもまずは第一歩、お店の外に向かって「一生懸命」発信してみましょう!

きっとお客様になってくれる人がいるはずです。

今夜あなたに伝えたいことはこんな感じです。最後まで読んで頂いてありがとうございました!

あなたのメッセージを伝えよう!応援しています!

今日の「ワンダーコア」~シックスパックへの道~

スクワット10×3セット
プッシュアップ10×3セット

昨日負荷を上げたので久々に筋肉痛が・・
ちょっとうれしい(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

実店舗売上げをアップするアイデア

実店舗売上げをアップするアイデア

cta1-640