チラシやPOPに書く「ベネフィット」って何?

ベネフィット
チラシやPOPに書く「ベネフィット」って何?

というお話を。

鳥取市で活動中!
POP・チラシ・DMで実店舗の集客・売上げアップをサポートする専門家
岡田弘太郎(おかだこうたろう)です。

スポンサーリンク

マーケティング用語としての「ベネフィット」

単語そのものの意味を調べると「利益」「恩恵」「慈善」という言葉が出てきますが、POPやチラシを書くときに「ベネフィットを考えましょう」というと、少し言い方が変わります。

商品の「特徴」と「ベネフィット」

ベネフィットとは、「その商品を買うことによってお客様が得られる体験や利益」ということになります。

極端な例えですが、もしもあなたの売ろうとする商品が名車「フェラーリ」で、そのPOPやチラシを書くとしたら、
「最高時速326㎞出せちゃいます!」とか「0→400mが11秒26!」と書きますか?

これはベネフィットではなく商品の「特徴」です。

「ナンパの成功率95%です!」あるいは「フェラーリオーナーのサークルで新しいビジネスチャンスをゲット!」

のようなものがベネフィットと言えます(あくまでも例えですよ(^^ゞ)

ベネフィットあれこれ

ゴルフクラブ     ⇒これであなたも100を切れる!
くっつかないフライパン⇒オムレツの失敗なしが3年保証!
包丁とぎサービス   ⇒毎日のお料理がきっと楽しくなる!
エアコンのクリーニング⇒電気代が10%ダウン!
スマホアプリ     ⇒カロリー管理で一か月3キロ減、健康的に理想の体重に!
(あくまでも例えですよ(^^ゞ)

ねぎ嫌いの孫がこれなら食べる!有機栽培白ネギ!」これはかつて僕が実際につかったコピーです。

誰にとってのベネフィットを考えるのか

ベネフィットを考えるための状況やタイミングが具体的になるほど、「どんな人に」とってそのベネフィットが響くのかも重要になってきます。
「どんな人が」「どんな場所で」「どんな時に」それを使うのかを具体的に想像すると、商品のおススメポイントが言葉にしやすくなると思います。

「POPに一言添えたい」「チラシで魅力を伝えたい」時にこんな視点で商品の「ベネフィット」を探しましょう。

今日あなたに伝えたいことはこんな感じです。最後まで読んで頂いてありがとうございました!

あなたのメッセージを伝えよう!応援しています!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

実店舗売上げをアップするアイデア

実店舗売上げをアップするアイデア

cta1-640