お客様との関係づくりを大切にしよう

あんてな
お客様との関係づくりを大切にしよう

というお話を。

鳥取市で活動中!
POP・チラシ・DMで実店舗の集客・売上げアップをサポートする専門家
岡田弘太郎(おかだこうたろう)です。

今日はテニススクールの日でしたが、ワンダーコアによる腹直筋の筋肉痛がまだ少し残っています。やっぱり地味に効果があるみたいです。

スポンサーリンク

どれだけお客様の方を向いているか?

お客様の事を見て、感じて、商売に生かそうとする姿勢がやっぱり大事なんだあと思った記事を2つご紹介します。


ビームス40年、社長が語るこれから「今度は日本をブランディング」


 

「ビームスはカリスマデザイナーがいて、服のデザインから何からすべてを考える店ではない。日々、店頭に立っている人間に、シーズンごとに「こういう商品がほしい」と提案してもらい、その商品が店に並びます」

「店も、東京の原宿、新宿、大阪・梅田ではレイアウトも違います。店頭でお客さまとリアルに接している店員が考えて店作りをする。そうやって店頭に並べた商品を、多くのお客さまが買っていくことが、彼らの最大の喜びだと思う」

 

現場のモチベーションを維持して活気ある売り場にするためには これ、やっぱり大切ですよね。

そしてこれも・・・

「感動的」「商人の鑑」…虎屋17代の休業あいさつ文、称賛相次ぐ
 

3日と空けずにご来店くださり、きまってお汁粉を召し上がる男性のお客様。

毎朝お母さまとご一緒に小形羊羹を1つお買い求めくださっていた、当時幼稚園生でいらしたお客様。ある時おひとりでお見えになったので、心配になった店員が外へ出てみると、お母さまがこっそり隠れて見守っていらっしゃったということもありました。

車椅子でご来店くださっていた、100歳になられる女性のお客様。入院生活に入られてからはご家族が生菓子や干菓子をお買い求めくださいました。お食事ができなくなられてからも、弊社の干菓子をくずしながらお召し上がりになったと伺っています。

このようにお客様とともに過ごさせて頂いた時間をここに書き尽くすことは到底できませんが、おひとりおひとりのお姿は、強く私たちの心に焼き付いています。

ー 出典:虎屋のホームページ
 


トップがこういう姿勢でいることは、これまたとても大切。

売り場でこういうお客様の声や出来事をキャッチするアンテナを常にしっかりと張っておきたいものです。もちろんスタッフにもその意義を理解してもらい、積極的にコミュニケーションをとれるような雰囲気を作るべきでしょう。

そしてつぎに活かす

スタッフがもしそういう話をしてくれたら、どんどん食い付いて(笑)聞き出しましょう。喜んで聞いて、話しやすい空気を作りましょう。

その蓄積は、スタッフの成長やそこで働く喜び、そのお店の良さを伝えるための言葉にも使える、本当に財産となります。

今夜あなたに伝えたいことはこんな感じです。最後まで読んで頂いてありがとうございました!

あなたのメッセージを伝えよう!応援しています!

今日の「ワンダーコア」~シックスパックへの道~

タック10×3セット
腹筋の下の方に効きます

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

実店舗売上げをアップするアイデア

実店舗売上げをアップするアイデア

cta1-640