POPでも、甘エビのアヒージョでも「具体的な数字」は重要です

%e7%94%98%e3%82%a8%e3%83%93%e3%81%ae%e3%82%a2%e3%83%92%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%a7

最近甘エビが豊漁なのか、お安く出回っています。

スポンサーリンク

お刺身だけじゃない!
唐揚げ・みそ汁・アヒージョで!

などどPOPを書いて甘エビ売り込もう!と思いつき、未体験「甘エビのアヒージョ」を作ってみました

鳥取市で活動中!
POP・チラシ・DMで実店舗の集客・売上げアップをサポートします!
岡田弘太郎(おかだこうたろう)です。

参考にしたレシピはこちら
甘エビまるごとアヒージョ~クックパッド~

レシピにニンニクが書いてなかったのですが、もちろん入れました。

問題はここだ!「どれくらいの時間加熱する?」

材料の分量からして「食べたい分だけ」なので仕方ないのかもしれませんが・・・

火の通し加減「低温でじっくりじっくり。甘エビに火が通るまで、ゆっくりじっくり。。。」これがわかりづらい。


時間を計りながら加熱しましたが、うちの調理器具の場合「弱火で20分ほど」。

丸ごとぱくっといけば、「甘エビのうまみを全部味わえる」メニュー。

美味しゅうございました。


白ワインが飲みたくなりました。


さすがにオリーブオイルがひたひたなので、すこし残しましたが


明日はこれにあさりとイカを合わせて「ペスカトーレ」にリメイクです。


どんなレシピでもそうですが「加熱時間」を書いてもらうと、一つの基準が出来ますよね。

POPでも活躍する「具体的な数字」

ちょおっと苦しい持ってき方ですが、POPにおいても「具体的な数字」が有効な場合があります。

「おかげさまで大好評!よく売れてます!」よりは


「一日500個売れてます!」の方がインパクトあります。

通販なんかでも「累計販売数12,000本!」とかありますよね。


「主力商品の販売個数」などの具体的な数字はいつでも使えるようにしておくといいと思います。

今夜はこんな感じです。最後まで読んで頂いてありがとうございました!

あなたのメッセージを伝えよう!

今日の「ワンダーコア」~シックスパックへの道~

今日のエクササイズ

バランスボールでプッシュアップ10×3セット

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

実店舗売上げをアップするアイデア

実店舗売上げをアップするアイデア

cta1-640