顧客志向について考える

線路
顧客志向について考える

というお話を。

鳥取市で活動中!
POP・チラシ・DMで実店舗の集客・売上げアップをサポートする専門家
岡田弘太郎(おかだこうたろう)です。

先日、クライアントの美容院さんで美容師免許や受講証をすべて掲示するお手伝いをしてきました。
色々な講習の受講証まで、しまい込んであったものをすべて壁面に掲示しました


額縁

下の方のひときわ茶色い2枚は、今はもう亡くなっているオーナーのお母様と、おばあさまの免許証です。古くからのお客様に思い出して頂ければという事で、一緒に掲示しました。

スポンサーリンク

一番大事にしなければならないことは

日々の経営、事業活動を行う上で、大小さまざまな判断をしなければならないと思います。その時に何を基準にするか、責任者、経営者としていつも悩みは尽きないのではないでしょうか。
今日はこの記事をシェアしたいと思います。

セブンイレブンだけがなぜ売れるのか?鈴木敏文氏の仮説検証力

「お客様の声を聴け」のその先

「お客様の声を最優先に」といつも考えているつもりでしたが、改めて自らの都合とのバランスをどうとっていくか考えなければいけないと思いました。
そしてそれだけではなく

「私はこれが欲しかったんだ!」という驚き、そんな商品と出合った喜びこそが、顧客に財布の紐をゆるめさせる。このため鈴木氏は、「明日のお客様」が何を求めているかについて仮説を立て、徹底的に検証すことを求める。このあたりは、「顧客が何を望むかでなく、何を望むようになるかを考える」と言っているスティーブ・ジョブズと共通するものがある。

目からうろこ。

あなたはどう思われましたか?

手短にでしたが、もっともっと柔軟な頭を持たなきゃと思った岡田が今日あなたに伝えたいことはこんな感じです。
最後まで読んで頂いてありがとうございました!

あなたのメッセージを伝えよう!応援しています!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

実店舗売上げをアップするアイデア

実店舗売上げをアップするアイデア

cta1-640