中学2年生の娘とどう向き合うか?③~数学と英語は嫌いになってはイカン!を実感!~

中学生

夏休みに入って5日ですが、数学の課題が彼女の前に立ちはだかっています。

課題の範囲がいきなり「連立方程式」から始まっており、彼女の心が折れそうです(泣)

スポンサーリンク

基礎が出来ていないと、応用問題は解けない

当然ながら、1次方程式を解くのででアップアップの人が、文章問題から連立方程式を作ってXとyの値を導き出すなんて、キャッチャーに届くのがやっとの人に、「カーブをストライクゾーンに投げろ」と言っているようなもんです。


子供はどの科目を重点的に学ぶべきか? 将来の平均年収に100万円近くの差がでる勉強法~わかったブログ~


 

なぜ英語と算数かというと、これらの教科は「垂直科目」と言われていて、過去の段階を理解していないと、現在の学習内容が理解できない科目だからです。蓄積型で、一度つまづくと、取り返すのが大変です。しかし、確実に理解していけば、現在の学習が過去の復習を兼ねるため、成績は安定します。

気が付くと「これこの前出てきたヤツだよ」を連発していた父でした。


基礎が身についていないのです。


一から練習するしかありません・・・

といことで、大英断。

「問題集を最初からやり直す」ことを彼女に提案したいと思います。

先を見据えたら、それがベストだと判断しました。

果たして納得してくれるだろうか・・・・

数学と英語は、嫌いにならないようにフォローしてやりましょう

それから、「文章を理解する力」も重要なので、読書好きに仕向けましょう。

小さい時にきちんと向き合って、ある程度コストもかけておけば、うちのようにならないかと思います。

親が折れるわけにはいかないので

折れそうな心を、こうしてブログに書くことでつなぎ留めたいと思います。

という訳で、「つづく」。

このネタも思いがけずシリーズ化しそうです。

今夜あなたに伝えたいことはこんな感じです。最後まで読んで頂いてありがとうございました!

あなたのメッセージを伝えよう!

今日の「ワンダーコア」~シックスパックへの道~

今日のエクササイズ

スクワット20×3セット

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

実店舗売上げをアップするアイデア

実店舗売上げをアップするアイデア

cta1-640